歯周病治療

歯周病とは?

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯周病菌によって、歯肉出血、歯肉腫脹、口臭の原因となり、歯を支える骨が溶けてしまう病気です。歯周病は、症状が進むまで痛みがほとんど生じないため、気が付いたときには症状が進行していることも多く、「沈黙の病気(サイレント・ディジーズ)」とも呼ばれます。

歯周病は、「歯ぐきから血が出る病気」という印象があるかもしれませんが、実際にはもっと深刻な症状が生じる病気です。歯が抜ける原因の第1位はこの歯周病です。

歯肉出血、歯肉腫脹が主な初期症状ですが、歯周病が進行すると歯を支えている骨が溶けて失われていき、最終的には歯を支えることができなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の症状
  • LEVEL 1
    歯肉炎

    歯肉が炎症します。歯磨きをすると出血するという症状が出ます。

  • LEVEL 2
    軽度歯周炎

    歯ぐきの炎症と腫れが進行します。歯周ポケットが徐々に深くなり、歯を支える顎の骨が溶け始めます。この段階ではほぼ自覚症状がありません。

  • LEVEL 3
    中度歯周炎

    歯槽骨の破壊が進み、歯が揺れ始めます。この段階になると、膿や口臭が生じます。

  • LEVEL 4
    重度歯周炎

    歯槽骨が溶けてしまい、歯が激しくぐらつきます。最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病は、急速に症状が進むことがほとんどなく、ゆっくりと進行するため、歯周病であることに気付かないうちに症状が進行してしまいます。歯周病が進行すると次のような症状が出ます。

  • 歯ぐきから血が出る
  • 口臭がある
  • 歯ぐきがブヨブヨに腫れる
  • 歯がグラグラ揺れる
歯周病が口臭を引き起こす

歯周病菌が繁殖すると口臭が生じます。口臭は自分では気が付きにくく、他人は指摘しにくいため、気付かないケースが多くなります。歯周病による口臭の原因物質は、メチルメルカプタンという物質で、野菜や魚が腐ったような臭いがします。歯周病が進行すればするほど、メチルメルカプタンの濃度は高くなっていきますので、歯周病の症状があれば、口臭を防ぐためにも早めに治療をはじめましょう。

歯周病が全身疾患の原因に

歯周病菌は、血管から体内に入ることで、全身に影響を及ぼすことが明らかになっています。最近では、「歯周病と糖尿病が相互に症状を悪化させる関係にあること」、「歯周病菌が動脈硬化を誘発し心臓疾患や脳梗塞を引き起こす可能性があること」という研究報告も出てきています。

また、妊娠中の女性のケースでは、早産や低体重児出産のリスクが高まることが知られています。ご高齢の方では、誤嚥に伴い歯周病菌が肺に入ってしまい、肺炎を起こす誤嚥性肺炎の原因になります。

歯周病と糖尿病 この2つの病気は双方向に影響を及ぼす関係にあることが明らかになっています。
糖尿病の患者様は歯周病が悪化しやすく、逆に歯周病が悪化すると、糖尿病も悪化しやすくなることが報告されています。また、歯周病が治ると血糖値が低下し、糖尿病の改善につながるという研究データも出ています。
歯周病と脳血管疾患 脳梗塞の患者様は歯周病菌に感染している割合が高くなっていると言われています。
歯周病菌が血流に乗って全身を巡ることで、脳梗塞の原因となる動脈硬化を引き起こしている可能性があると考えられています。
歯周病と心臓疾患 歯周病菌が歯ぐきから血管内に侵入し、血流に乗って心臓に運ばれると、感染性心内膜炎などの心臓疾患を引き起こすリスクが生じます。
歯周病と早産・未熟児出産 最近の研究で歯周病が、早産や未熟児を出産する確率を高めるという事実が明らかになっています。
妊娠性歯周炎を含む歯周病になっている妊婦は、早産や未熟児を出産する確率が健康な人の約7.5倍も高いという研究結果もあります。早産や未熟児出産は、病気や障害を負うリスクが高まります。
歯周病と誤嚥性肺炎 誤嚥(ごえん)とは、高齢者の方が飲み込む機能の低下や認知症によって、食べ物や飲み物を誤って気管に入れてしまうことです。誤嚥によって歯周病菌が気管から肺まで到達すると、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが生じます。

歯周病の治療法

歯周病を治すことは、歯が抜けるリスク、ブヨブヨに腫れた歯ぐき、
口臭などを取り除き、全身の健康を高め、QOL向上に貢献します。

歯周病を治すためには、歯科医院で歯石を除去する処置を行うと同時に、患者様ご自身によるブラッシングや生活習慣を改善する必要があります。歯科医院で歯周病治療を行い、一時的に細菌が減少し症状が良くなったとしても、歯周病菌が繁殖しやすい口腔内環境を改善しなければ、時間の経過とともに歯周病菌が再び増殖し、症状が再発してしまいます。

そのため、患者様ご自身によるセルフケアをサポートするTBI(ブラッシング指導)を行ったうえで、スケーリング・ルートプレーニングというプロフェッショナルケアを実施していきます。

TBI(ブラッシング指導)

歯周病を治すためには、適切なプラークコントロールがもっとも大切です。プラーク(歯垢)とは、歯の表面に付着している白色や黄白色のネバネバした細菌のかたまりのことです。このプラーク(歯垢)は虫歯や歯周病だけではなく、口臭や心筋梗塞、糖尿病などの病気の原因になることもあります。

このプラーク(歯垢)を普段の歯磨きでキレイに取り除けるようになるために、効率的な歯磨き方法や、歯ブラシ、ケアグッズの選び方などをアドバイスしていきます。

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病菌は、プラーク(歯垢)や歯石の中に生息しています。スケーリングとは、スケーラーという専用の器具で、歯の表面に付着した歯石を歯周病菌とともに除去する処置です。ルートプレーニングとは、歯周ポケット内にプラークや歯石が付着しにくくなるように、歯の表面をツルツルに磨く処置です。

歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの隙間です。この歯周ポケットは、歯周病の進行とともに深くなっていきます。この歯周ポケット内のプラークや歯石をプロフェッショナルケアで徹底的に除去します。

歯周外科

歯磨きやスケーリング・ルートプレーニングで症状が改善しないケースや、失ってしまった骨や歯肉を再生させたいケースでは、外科的な手術を行うことがあります。

フラップ手術

歯肉を切開し、歯根や歯槽骨を露出させた状態で、スケーリング・ルートプレーニングを行います。歯周ポケットの奥深くの歯根面に付着した歯石や細菌に感染した組織を除去することができます。

GBR(Guided Bone Regeneration)

歯周病によって骨がなくなってしまった部位に、自家骨や骨補填剤を詰め、吸収性コラーゲン膜で覆い、骨の再生を促します。

大切な人のためにも、歯周病予防を・・・

歯周病は細菌感染症です。キスはもちろん、お箸やスプーンの使い回し、ドリンクの回し飲みなどでも感染します。家族全員で同じ時期に治療・予防を受けることで、家族内の歯周病感染を防ぐことができます。

歯の健康と美容に関することなら、些細なことでもお気軽にご相談ください。