体に優しい治療

ノンメタル(メタルフリー)治療、MI治療など、患者様の体に負担の少ない、体に優しい治療を心掛けています。また、院内感染を予防するために、世界基準の滅菌・衛生管理システムを採用し、被曝線量の少ないCTやレーザーなども導入しています。

ノンメタル(メタルフリー)治療

ノンメタル(メタルフリー)とは、歯冠修復素材に一切金属を使用しない歯科治療のことです。

日本の保険制度では、被せ物や詰め物に「銀合金」を使うことが多いですが、欧米では金属を使用しないノンメタル(メタルフリー)治療のほうが一般的です。

ノンメタル(メタルフリー)治療の特徴
金属アレルギーを引き起こすリスクがない

歯冠修復素材として金属を使用すると、時間の経過とともに金属が溶け出し、体に蓄積され、金属アレルギーを発症するケースがあります。金属アレルギーはすぐに発症することは少なく、ほとんどのケースで5年以上経って初めて湿疹などの症状として現れます。
ノンメタル(メタルフリー)治療で使用するセラミックスはアレルギーを引き起こすリスクがなく、体に優しい歯冠修復素材です。

虫歯の再発や歯周病のリスクが低い

金属はプラーク(歯石)が付着しやすく、時間が経過すると変形し治療跡に隙間ができるため、虫歯の再発や歯周病のリスクが高まります。ノンメタル(メタルフリー)治療で使用するセラミックスは、細菌が付着しにくく、時間が経っても変形しないため、虫歯の再発や歯周病のリスクを軽減することができます。

治療跡が白くキレイに仕上がる

内側に補強のための金属を使用した被せ物(クラウン)は、光を透過することがなく、歯と歯ぐきの境目に金属が露出したり、歯ぐきに金属の色素が沈着したりすることがあります。ノンメタル(メタルフリー)治療なら、歯も歯ぐきもとてもキレイに美しく仕上がります。

ノンメタル(メタルフリー)治療と審美歯科・審美修復治療は、同じくセラミックスを使用した治療になります。審美歯科・審美修復治療のページでは、セラミックスを使用した症例を写真付きでご紹介しています。

MI治療(ミニマルインターベンション)

MI(Minimal Intervention)とは、日本語で「最小限の侵襲」と訳します。侵襲とは、治療のために、「歯質を削る」、「神経や歯自体を抜く」などの行為を意味します。MI治療は、歯の寿命を縮めないように、可能な限り侵襲を最小限に抑えようという方針で行われます。

拡大視野下での精密治療:サージテルⓇ

サージテルは歯科用拡大鏡の1つです。サージテルを使用することで、術野を拡大することができ、虫歯を削るときなどに健康な歯質まで削ってしまうことなく、精密な治療を行うことができます。

院内衛生管理の徹底

患者様を感染から守るために、院内衛生管理を徹底しています。

ヨーロッパ基準の滅菌・衛生管理システム

世界でもっとも厳しい基準である、ヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムを導入しています。ヨーロッパの医療機関では、クラスB滅菌を導入している歯科医療機関は約80%以上、地域によっては義務化されていることもありますが、現状の日本ではクラスB滅菌器導入率はわずか2%程度です。

歯科治療では、抜歯やインプラント手術だけでなく、通常の治療でも出血を伴うことがあります。治療器具の滅菌が十分でなければ、術者にも患者様にも感染のリスクが生じます。当院では、ドイツのシロナ社製クラスB滅菌器を導入し、安心・安全な歯科治療をご提供しています。

クラスB滅菌器の特徴

クラスB(Big)滅菌器は、クラスN(Naked)やクラスS(Special)の上位に位置する滅菌ランクで、滅菌前および乾燥時に数回の真空状態を作り出すことができます。

真空状態を作ることによって、あらゆる種類、形状の機器・器具を完全に滅菌することができます。

  • 医療先進国ヨーロッパ規格の滅菌クオリティ
  • 完全な空気除去による真空蒸気滅菌
  • ハンドピースなど、従来の方法では滅菌が困難だった複雑な形状の機材も滅菌が可能
切削機器専用クラスS滅菌器

クラスB滅菌器と同じく、シロナ社製の切削機器専用クラスS滅菌器も導入しています。高速で滅菌することができます。

滅菌パックシステム

コップやエプロンなどはディスポーサブル(使い捨て)を使用し、患者様ごとに新品をご用意しています。また、医療器具に関しては、消毒、滅菌を行ったうえで、使用する直前までパックで密封するシステムを採用しています。

口腔外バキューム

歯の治療の際には、患者様のお口の周りに、削った歯や材料、唾液や血液などが飛散します。口腔外バキュームとは、患者様がこれらをできる限り吸い込まないように、お口の周りの空気を吸引・除去する装置です。これにより、衛生的な「空気」を維持することができます。

体に優しい医療機器を導入

ドイツのシロナ社製CT

130年以上の歴史ある歯科用機器専門の世界トップメーカーであるドイツのシロナ社製歯科用CT「ORTHOPHOS XG 3D」を導入しています。CT(Computed Tomography)とは、コンピューター断層撮影を意味します。X線とコンピューターによって、歯や骨の位置や形態などを立体的(3D)に視覚化します。

「ORTHOPHOS XG 3D」は、従来の歯科専用CTの中でも特に被爆量が少なく、CT撮影時の被爆量は68μSv(医科用頭部CTの約1/30)です。

CO2レーザー

CO2レーザーには、殺菌・消毒・止血・鎮痛・消炎などの効果があるため、痛みを抑え、治癒を早めていきます。MIにも通じる治療が可能です。歯肉や粘膜の切開や止血をはじめ、初期虫歯の除去、歯肉炎・歯周炎の殺菌、歯ぐきのメラニン色素の除去、口内炎治療などにも用いることができます。

歯の健康と美容に関することなら、些細なことでもお気軽にご相談ください。